喘鳴の検査データ

喘鳴の検査データには、動脈血ガス分析が必要な場合があります。炭酸ガス値の上昇は重篤な換気不全を表しているケースがあります。換気血流比不均等のため気管支攣縮の際は通常低酸素血症も伴っている場合があります。白血球の数の増加は、潜在的な感染症の存在があるかもしれません。

好酸球の増加は喘鳴がアレルギー性あるいは気管支喘息であることの可能性があるようです。心電図で急性心筋便即や虚血がわかります。また、胸部のX線検査によって、喘鳴を引き起こすほどの肺塞栓は胸部X線上で明白になることもあるようです。

治療は診断に従って異なりますが、鑑別や検査はどのような初期治療をすべきかという暫定疱疹を決めるに役立ちます。気管支攣縮はメチルプレドニゾロンを急速静注で投与したり、喘鳴の場合は、メチルプレドニゾロンを急速静注するなどの対処法があります。

内科で静脈拡張と不安を軽減するために使われるのがモルヒネです。モルヒネは呼吸の中枢を抑制し、挿管を必要とする深刻な呼吸障害を引き起こすケースもあるようです。炭酸ガスが貯留することがなければ、非再吸入器マスクによって酸素を投入することになるケースもあるようです。