痒み

痒みは通常、内科などで診断された場合、迅速な対応が必要とされませんが、痒みが他の主要な疾患の手がかりとなる場合もあります。特定の原因として挙げられるのは、アナフィラキシー反応、乾皮症、尿毒症、胆汁うっ滞、血液疾患、接触性皮膚炎、湿疹などらしいです。乾皮症は、入浴時間と入浴回数を制限し、刺激の少ない石けんを使用するなどの対処法をとる必要があります。アルコール入りのクリームは避ける必要があります。加湿器、ワセリン、ステロイド軟膏も有効なケースもあるようです。

尿毒症はコレスチラミン、リドカイン静注、中派紫外線照射は尿毒症に起因する痒みを軽減することができるケースがあるようです。

接触性皮膚炎の場合、皮膚炎の原因となっている物質の除去が必要となるらしいです。皮膚が直接接触しないような措置をとる必要があります。軽症例については、局所ステロイド療法が行われているようです。重症例や全身に病変のある場合は、ステロイドの全身療法を行う場合もあります。単なる湿疹の場合には、軟化剤とステロイド軟膏を処方するようですが、専門の医師の判断を仰ぎましょう。

対症療法として、抗ヒスタミン薬は痒みの症状を緩和するようです。他にも、内服薬として、ジフェンヒドラミン、シプロヘプタジン、ヒドロキシジン(アタラックス)などが投与薬となるケースがあります。