血液製剤療法

アメリカでの血液の供給は、より安全になったということはなく、輸血は慎重に検討し、可能な限り避けた方が良いでしょう。輸血の適応は、急性の出血による症状が電解質輸血でも反応しないときや慢性の貧血が他の治療によっても改善しないときもあるようです。しかしながら、可能な限り自動的に輸血することを避けた方が無難なケースが多いようです。内科でも外科でもそれは同じです。

慢性的な貧血の患者に遭遇したら、臨床家はまずヘモグロビンとヘマトクリットが赤血球量を正確に反映しているかを考えた方が無難でしょう。急性出血で低血圧になっている状態においては、血液量と同時に酵素運搬能の改善をした方が良いケースもあるようです。

はじめは電解質液もしくは膠質液が使用する場合があります。もともと貧血のある患者や、酵素運搬能に問題があるような他の内科的疾患がなければ輸血が必要ないケースがあります。

また、血小板輸血は血小板の質的、量的異常をもつ患者の出血が多い時に適応となる場合があります。血小板破壊による血小板減少では予防的輸血による利益はあまり期待することができないケースが多いようです。血小板破壊による血小板減少では予防的輸血による利益はあまり期待することができません。一般的に血小板破壊が起きている場合の輸血は予測される以上の微細血管由来の出血があるときのみが適応となります。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です