外貨両替とは

外貨両替とは、別の国の通貨どうしを交換することを言います。 海外への入金、仕送りや旅行、出張、またはモノの輸出入や取引などで利用するものです。

例えば、日本の人がアメリカに旅行をすることになったとします。当然円のままでは(時々円のまま取り扱ってくれる店舗もあるようですが)旅行先でお買い物をすることが出来ません。なので予め日本国内にいるうちにドルへ換金したり、あるいは旅行先についてから円を交換してもらいます。これを外貨両替といいます。

外貨両替する際は基本的に手数料が発生します。交換の方法や店舗によって手数料のとり方や、その利用料金はかなり違うため、交換する前に色々調べたほうが良いかもしれません。当然、円からドルへ行うときも、ドルから円へ行うときも同じように減ってしまうため、ただ交換だけを繰り返すとどんどん減っていくイメージになります。同時に、外貨両替には「レート」と呼ばれるものも存在し、1ドル当たり何円、のように交換する際の比率が存在します。また、このレートはお金に対しての価値(世界の情勢や国情によって大きく変わるようです)に合わせて比率が常に変わっていきます。

この外貨両替のレートの変動に合わせて売り買いすることで、儲けを出す人も要るようです。FXForeign Exchange 日本語では外国為替証拠金取引)といい、例えば1ドル100円での交換レートだった時に1ドルを交換し、数日後にレートが1ドル105円だった時にその1ドルを円に戻すとします。そうすると元々100円だったものが5円増えています。これが基本的な外貨両替を利用した稼ぎ方で、略して「外為(がいため」とも呼ばれています。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です