円高・円安とは

テレビニュ ースを見ていると、最後のほうで、外国為替市場の動向について報 道されることが多くなりました。「今日の東京外国為替市場は却銭、円高ドル安の」というアレです。
さて、円高・円安とはいったいどうい うことなのでしょうか。
簡単にいえば、円が 他の通貨に対して、強くなっているのか、それとも弱くなっ ているのかを示すバロメーターです。 たとえば、 1ドル 120円が 1ド ル110円になったとしたら、これは円高でしょうか、それとも円安でしょう か。次のように考えると、簡単です。 100 円玉1枚と10円玉2枚で 1ドルを買うことができました。ところが、その後は同じ1ドルを買うのに、 1 00 円玉1枚と10円玉1枚ですむようにな りました。そう、同じ1ドルを買うのに、 少ない円で買うことができるようにな った のです。つまり、それだけ円は強くなった
( 正確には円の購買力が上昇した)ことに なります。要するに円高ドル安ということ です。逆に、 1ドル 110円が 1ド ル130円になったとしたら、それだけ 多くの円を支払わなければ1ドルを買うことができませんから、円安ドル高が進んだ ということになります。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です